慢性的に背中の疲労感が取れない。

34歳男性 会社員の方からの質問

慢性的に背中の疲労感が取れない。
基本的には座り仕事をしていて、自分でも「姿勢が悪いな」と思う場面があります。
毎日ストレッチするなど工夫していますがなかなか改善せず。
もしかしてそういった姿勢の悪さから身体が歪んでしまっていることが原因なのか聞きたい。

回答

不自然な姿勢が続いたり背骨を支える腹筋や背筋などが弱くなると、姿勢が悪くってきます。
すると、背骨を支えようと過度な筋肉の緊張がつづき、背骨の周囲の筋肉が硬くなり、背骨が弯曲し、背骨の間から出ている神経が阻害され、痛みが出たり、内臓の調子が悪くなったりしてきます。

その結果、背中の筋肉が硬くなって疲労感がとれなくなったり、内臓の調子が悪いサインとして、背中に痛みや疲労感として現れることもあります。
なので、姿勢を正体に戻すことが重要で、背骨の矯正や筋肉を柔軟にすることで、改善が見込めます。